海外のFXで安心して取引をするコツ

国内の業者よりも海外の業者のほうが一獲千金を狙えるため、FXで稼ぎたい場合に考えるとトレードの幅を広げることが可能です。国内の業者は法律でレバレッジを25倍までにすることや、大きな値動きがあり口座残高がマイナスになると損失分を補填する必要があるなど海外の業者に比べるとアドバンテージがなくて限られてしまいます。海外FXは一獲千金を狙うために利用すると効果的ですが、日本語サポートが不十分で資金管理が不透明な業者も少なからずあるものです。このため、海外の業者を選ぶ際には運営実績や資金管理の仕方、金融ライセンスの有無、日本語サポートの品質を確かめ、せっかく利益を出しても出金ができないなどのトラブルを避けるようにそれぞれの項目をチェックしてから決める必要があります。

海外の業者を使うメリットは新規口座開設や入金でボーナスクレジットが付与され、なおかつレバレッジが1000倍など国内の25倍よりも高くて同じ取引量でも必要な有効証拠金を減らせます。このため、少ない資金で多くのポジションを保有でき一獲千金を狙うことも可能で、逆に大損をするリスクもありますが追証なしのゼロカットシステムを採用するため口座残高がマイナスになってもそれ以上の負担をせずに済むため安心です。他には注文方式がNDD方式のため業者がトレーダーを負けさせるような操作がなく、約定力が高くスピードも早くてスキャルピングなどに向いています。ただし、両建てやスキャルピングなどは業者によって制限があることも多いですが、取引通貨ペアやCFDの銘柄が多いと幅を広げることも可能です。

逆に、メリットもあればデメリットもそれなりにあり、スプレッドが広いことです。スプレッドとはいわゆる取引コストのことで、ボーナスや高いレバレッジ、NDD方式などを設定する代わりに業者が利益を得るために広めに設定しています。しかし、スプレッドを狭くするECN口座もありますが、実際には取引手数料が高めに設定されていることやボーナスがないなど制限があるため初心者には不向きです。ほかにも、金融ライセンスがないと会社が倒産した場合に預けた資金が返ってこないこともあり、取引方式がNDD方式と表記されていても実際にはDD方式で約定拒否や出金拒否などをされる恐れもあります。このため、海外の業者を選ぶ際にはメリットとデメリットがあることを把握し、トレードスタイルに合わせて最適な口座タイプを選ぶことが重要です。